旅行

ANAクラウンプラザホテル金沢ロイヤルスイート宿泊&アフタヌーンティー体験レポ

ANA クラウンプラザホテル 金沢

金沢 鼓門

金沢駅のシンボルにして観光スポットの鼓門。

駅を背にして鼓門を見上げ、右手に見える高いビルがANAクラウンプラザホテル金沢です。

ANAクラウンプラザホテル金沢
写真は反対側の大通りから夜撮ったもの。

滅多にないことらしいのですが、ご優待からのグレードアップ云々でなんと、人生初のスイートルームに2泊してきました!

あや
あや
自宅マンションよりも広かった…!

駅から雨に濡れず行けるANAクラウンプラザホテル金沢

ANA クラウンプラザホテル 金沢
金沢駅を出てすぐのところにあるANAクラウンプラザホテル金沢。鼓門に続くおもてなしドームをうまいことくぐっていけるので、雨が降っていても傘いらずのロケーション。

ana クラウンプラザホテル 金沢
入り口をくぐると、きらびやかなシャンデリアと水のせせらぎがお出迎え。

ANAクラウンプラザホテル金沢は客室429室、宴会場9室をかまえるアップスケールホテル。客室は6~16Fのスタンダードフロアと、17~18Fのプレミアムフロアに分かれています。

広さ60平米超!「ロイヤルスイート」に宿泊してみた

ana クラウンプラザホテル 金沢 ロイヤルスイート
ANAクラウンプラザホテル金沢のスイートルームは、18Fの「ロイヤルスイート」「インスペリアルスイート」の2室。今回宿泊したロイヤルスイートの広さは60平米超、インスペリアルスイートにいたっては100平米超えの大空間。

ana クラウンプラザホテル 金沢 ロイヤルスイート

「ロイヤルスイート」の扉をくぐってすぐに見えるのが、デスク、左手に大型テレビとソファ。

ana クラウンプラザホテル 金沢 ロイヤルスイート
もはやここで終日のんびりしたくなるソファセット。

ana クラウンプラザホテル 金沢 ロイヤルスイート
ソファの奥にはケトルや冷蔵庫などが備えてあります。

ana クラウンプラザホテル 金沢 ロイヤルスイート
スタイリッシュなマシーンは、本場イタリアのエスプレッソが味わえるillyのエスプレッソマシーン。

ana クラウンプラザホテル 金沢 ロイヤルスイート
別アングルから室内を撮ってみたもの。

リビングと寝室が分かれて2部屋!

ana クラウンプラザホテル 金沢 ロイヤルスイート
デスク側には大きな扉が。

ana クラウンプラザホテル 金沢 ロイヤルスイート
開いてみるとリビングと同じくらい広い寝室がお目見え!

ana クラウンプラザホテル 金沢 ロイヤルスイート
こちらにも大型テレビが備えつけられており、窓も大きく開放的です。

ana クラウンプラザホテル 金沢 ロイヤルスイート
小さなソファチェア完備。室内どこでもくつろげます。

洗面台にはアメニティが充実&バスルームも広々

ana クラウンプラザホテル 金沢 ロイヤルスイート
寝室から繋がる洗面台も広々としています。

ana クラウンプラザホテル 金沢 ロイヤルスイート
アメニティも大充実。固形石鹸やシャンプー、ボディケア類のアメニティがロクシタン。浴槽そばに置かれたシャンプー類に関してはプレディアでした!リッチ!

ただし、クレンジングや化粧水、乳液類はアメニティに含まれていないので自前を使用しました。

ana クラウンプラザホテル 金沢 ロイヤルスイート
ユニットバスの概念を覆す広々とした浴槽&トイレ。写真を撮り忘れましたが、じつはリビング側にもトイレ(大きな洗面台つき)があってトイレ待ちする心配なし。

18Fから見える金沢の町並み&日本海

ana クラウンプラザホテル 金沢 ロイヤルスイート
あいにく初日はどしゃ降りで景色が見えず…。

ana クラウンプラザホテル 金沢 ロイヤルスイート
最終日に晴れ間が。晴れていると奥に日本海が見えます。

ana クラウンプラザホテル 金沢 ロイヤルスイート
夜景もキレイ(●´ω`●)

「カスケイドラウンジ」で超豪華アフタヌーンティー体験

ana クラウンプラザホテル 金沢 アフタヌーンティー
1Fの「カスケイドラウンジ」では、前日までの要予約でアフタヌーンティーセットが楽しめます。平日だと4,000円、土日祝だと4,500円ですが、宿泊していると少し割引もあり。

ana クラウンプラザホテル 金沢 アフタヌーンティー
石川の食材を活かした愛らしいスイーツたち。私たちがいただいたときは香水やハンドバッグ、リングなど女性心くすぐるテーマになっていて、旬の桃が贅沢に使われていました。

ana クラウンプラザホテル 金沢 アフタヌーンティー
おかわり自由のドリンクも充実していて、見た目にも華やかなハーブティーやTWGの紅茶、加賀棒茶などなど。どれもおいしくて大満足!

おそらくご時世的なこともあり、運よく止まれたスイートルーム。

なかなかここまで奮発できる身分ではありませんが、またいつか、この豪華空間を再体験したいです!のために、がんばろう!