節約・冷凍保存に最適!簡単オシャレなガパオライスの作り方

f:id:ayhiga:20170529173528j:plain

先日、ガパオライスを作りました。

なかなか味にうるさい彼氏が「ふつーにガパオライス」と言っていたので、きっとガパオライスです(笑)

わたしはズボラなので、バジルなどガパオたらしめる食材を少々省いています。

あやひ.
しょ、食材余らせるのモッタイナイし…

とはいえ、味は「ふつーにガパオライス」です。
小分け冷凍しておけば、フォトジェニックでお洒落なガパオ弁当も夢ではありません!

そこで今回は、ガパオライスの簡単レシピを紹介します。


スポンサーリンク
レンタングル(大)

ガパオライスの材料(2人分)


ガパオライス2人分の材料は、つぎのとおりです。

  • 鶏ひき肉 200グラム
  • パプリカ赤・黄 各1個
  • 玉ねぎ 1/4個
  • ニンニクチューブ 少々
  • 酒 大さじ1
  • オイスターソース 大さじ1と1/2
  • ナンプラー 大さじ2/3
  • 卵2個
  • ごはん 2人前(お好みで)

パプリカの量は、多少ケチっても大丈夫です。
赤色と黄色それぞれ1/2個でも十分存在感があります。

ニンニクはチューブで大丈夫ですが、余っているニンニクがあれば2かけくらいをすりおろすか、刻んで使ってみるのもOK

お弁当用に作りたい場合は、ナンプラーは抜きましょう(ここ重要)
蓋をあけた瞬間「においが…」ってなるので要注意です。

ライスは一度タイ米で炊いたのですが、香りがよくて、程よくぱさぱさしていてひき肉と絶妙でした…

あやひ.
普通のお米でも美味しいけどね!!!

ガパオライスの作り方

それでは、ふつーにガパオライスの簡単な作り方を紹介します。

1:ニンニク→玉ねぎの順で加熱


油をひいたフライパンに、ニンニクを加えて熱します。
つぎに、みじん切りにした玉ねぎをいれて、しんなりするまで炒めましょう。

2:ひき肉を焼く


玉ねぎをフライパンの隅に寄せて、あいたスペースでひき肉を焼きます。
ひき肉の両面を焼いてから、玉ねぎと混ぜつつ、ぽろぽろに崩していきます(そぼろを作るように)

3:パプリカ・調味料を入れる


細長く切ったパプリカ、酒・オイスターソースをいれて混ぜるように炒めます。
仕上げにナンプラーを回し入れたら、具は完成です!

4:目玉焼きを作る


さいごは、フライパンで目玉焼きを人数分作りましょう。
わたしはズボラなので、具材を炒めたフライパンをそのまま使います(笑)

5:盛りつけて完成!


あやひ.
目玉焼き乙…

ニンニクとナンプラーがふわっと香って食欲をそそる、ガパオライスの完成です!

ガパオライスを作るポイント

パプリカの切り方は、細長く切っても、正方形に気ってもお好みでOKです。
ピーマンを追加してもよし。

濃い味が好きだったり、物足りないと感じた場合は、ナンプラーをいれたあとに塩コショウで調節してください。

また、ナンプラーと同じタイミングでバジルを5枚ほどいれて軽く炒めると、さらにガパオライスです。

炒め時に木べらは必須アイテム!?

めっちゃ余談なのですが、炒め物に木べらが超絶便利です。

わたしは菜箸があれば十分と思っていたのですが、彼氏のススメで木べらを購入したら、革命的に炒め物がラクになりました…(笑)

あやひ.
一人暮らしとか、自炊はじめたての頃は意外と「木べら」とかノーマークだったりしません!?

ガパオライスに限らず、炒め物のときに木べらがあると大活躍なので、要チェックしてみてください。

ガパオライスはダイエットによさげ?

ガパオライスは、お米や目玉焼きなどをまるっと合わせて1食およそ600カロリーです。
お米と目玉焼きで300カロリーなので、調節すれば1食500カロリー以内もイケます!

赤いパプリカは脂肪分解効果あり!

赤いパプリカは「カプサイシン」が含まれていて、ダイエットによい食材のひとつです。

カプサイシンは脂肪を燃焼させる効果があるので、ダイエットしたいひとは赤パプリカを選びましょう!

ただし、赤パプリカを食べただけで脂肪が燃焼するわけではありません。

カプサイシンを摂取したあと、身体を動かすと脂肪が燃焼しやすくなる、というだけなので、「食べたら痩せる」わけではないんです。要注意

ガパオライスにパプリカ必須で美容アップ!

さらに、ガパオライスに彩りを加えるパプリカは、アンチエイジングによい食材です。

パプリカはビタミンCを豊富に含んでおり、肌荒れや老化の予防・疲労回復によいとされています。

パプリカのビタミンは加熱に強い!

ビタミンは加熱に弱い栄養素なのですが、パプリカのビタミンは加熱をしても壊れにくい性質をしています。

あやひ.
もうパプリカはケチらず使うしかないですね!

良好!ガパオライスで節約する

調味料をのぞけば、材料費(ひき肉・パプリカなど)は2人前で500円程度です。

パプリカは1個100円以上するので割高に感じますが、美容効果やダイエット効果が高いので、「外ランチするよりかは安い!」と考えて購入しています。

ナンプラーやオイスターソースは、値段がピンキリです。
一度購入すれば他の料理にも使えるので、本格的に自炊をしたいという方は揃えておいていいと思います!

ガパオライスは冷凍保存可能

残った具材を1人前ずつラップにくるんで冷凍しておくと、1ヶ月ほどは日持ちします。

わたしは解凍して、ご飯を敷き詰めたお弁当にのっけて持っていったりしています。

ここだけのはなし…今回は材料2人分で紹介しましたが、こっそりお弁当1食分くらいは冷凍しています(笑)

ガパオライスでおうちランチを楽しもう

ここ最近つくった料理のなかでも、ガパオライスは彼氏から好評ごはんのひとつです。

お米をしっかり食べられるので満腹感がありますし、見た目がオシャレですよね。

ランチデートもいいですが、たまには節約や女子力の見せ所としてガパオライスはオススメです。

切って炒めるだけなので、料理初心者でも大丈夫。

調理時間は15分程度なので、ぜひおうちでガパオライス作ってみてください。

グラタンって、料理のなかでも少しレベル高い気がしませんか? とくに自炊はじめたての頃は、フライパンや鍋を使った加熱調理がメインだと思い...
スポンサーリンク
レンタングル(大)
レンタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタングル(大)