冷めてもウマっ!なめたけを超簡単にエノキで作るレシピ

f:id:ayhiga:20170816225208j:plain

どうも、あんみつです。

うちで殿堂入りしている作り置きおかずに「なめたけ」があります。

調味料を煮詰めているので味が染み込み、冷めても美味しいのでお弁当おかずとして大活躍しています。

今回はエノキで作るなめたけレシピを紹介します。


スポンサーリンク
レンタングル(大)

なめたけの材料は「えのき」のみ!

我が家で作るなめたけは、食材が「えのき」のみです。

えのきと調味料、フライパンさえあれば作れちゃうのでとても簡単!

  • えのき 1袋
  • 醤油 大さじ2
  • みりん 大さじ1
  • 砂糖 大さじ1
  • 白だし(10倍凝縮) 大さじ1/4
  • 水 大さじ2

えのき自体がローカロリー食材ですが、油も一切使わないのでダイエット向きですね。

【写真付き】なめたけの作り方

作り方はとても簡単!

とりあえず食材をすべてフライパンに投入します!

1.すべての材料をフライパンに入れる

f:id:ayhiga:20170816225313j:plain

えのきは石突をとって、半分にカットしてください。

火をかける前のフライパンにえのきをほぐしながら入れて、上から調味料をかけます。

2.中火にかけて炒める

f:id:ayhiga:20170816225341j:plain

フライパンを中火にかけて、調味料とえのきを混ぜてください。

すぐにフツフツとしてきて、えのきから水分が出てきます。

ひたひたになったら弱火~中火で煮詰めていきましょう。

3.煮詰まったら完成!

f:id:ayhiga:20170816225359j:plain

水分が飛んで、調味料が煮詰められたら完成です。

火にかけてから、およそ8分で煮詰まります。

私は煮詰めている間にもう1品作り置きの準備とかしています。

よく冷ましたら、保存用の容器に移しいれてください。

保存期間は1週間程度です。

薄味が好きなひとは野菜と和える

私は濃い味付けが好きなのでちょうどよいのですが、薄味が好きなひとは「辛い!」と感じられてしまうかもしれません。

茹でたほうれん草小松菜と和えてみると味がマイルドになって食べやすくなります。

コスパ抜群のえのきでなめたけを常備しよう

えのきは50~100円程度で、とても安い食材です。

なめたけは量をパクパクといけてしまうものではないので、ご飯に添えて毎日食べても5日分くらいあります。

きのこ類は食物繊維が豊富でダイエット食材としても定番なので、えのきなめたけを常備してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
レンタングル(大)
レンタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタングル(大)