お酢でさっぱり・簡単!ささみ南蛮は節約弁当おかずに◎

f:id:ayhiga:20171108125141j:plain

どうも、あんみつです。

ささみや鶏むね肉ってコスパは良いんですが、単に焼いただけだと冷めたときにあまり美味しくないですよね。

弁当に入ってるとテンション下がるやつ

そこで今回は、冷めてもごはんが進むささみ南蛮のレシピを紹介します。

ささみ南蛮の材料

f:id:ayhiga:20171108125205j:plain

ささみ南蛮(お弁当メインおかず2回分)の材料は、以下のとおりです。

  • ささみ 2本(約120~160g)
  • ピーマン 1個
  • にんじん 1/2本
  • パプリカ赤・黄 各1/4個
  • 酢 大2
  • 醤油 大1.5
  • みりん 大1.5
  • 砂糖 大1
  • 片栗粉 適量

あくまでお弁当のおかずなので、1人前にしてはやや物足りない分量で作っていきます。

野菜は玉ねぎやナスもオススメです。

冷蔵庫で余っている野菜消費に便利!

【行程写真付】ささみ南蛮の作り方

ささみ南蛮の作り方は「炒める」「煮詰める」だけです。

あらかじめ野菜はすべて細切りにカット・ささみは一口サイズよりも小さめに切って片栗粉をまぶしておいてください。

1.フライパンで人参を炒める

f:id:ayhiga:20171108125220j:plain

油をひいて熱しておいたフライパンで人参に火が通るまで炒めます。

2.ピーマン・パプリカを加えてさっと炒める

f:id:ayhiga:20171108125236j:plain

人参に火が通ったらピーマンとパプリカを加えてさっと炒めます。

3.ささみを焼く

f:id:ayhiga:20171108125250j:plain

炒めた野菜を一度皿などに移して、ささみを焼きます。

4.再び野菜を投入して調味料を加える

f:id:ayhiga:20171108125307j:plain

ささみが焼けたら、野菜を入れなおしてください。

調味料をすべて投入します。

5.調味料が煮詰まってとろみがついたら完成

f:id:ayhiga:20171108125334j:plain

最初は調味料でフライパンの中がひたひたになりますが、しばらく加熱すると煮詰まってとろみがつきます。

とろみがついたら、ささみ南蛮の完成です。

食材費はおよそ280円

ささみや野菜の使用分の料金はおよそ280円です。

野菜は時期や、バラかまとめ買いによって多少変動しますが、お弁当メイン1回分140円です。

私は1段弁当を使用しているのですが、半分は持ち麦ごはんと梅干、もう半分はメインおかずとサイド2品を詰めていします。

メインおかずの量を減らして、4品持って行くときもあります。

お弁当1回分はトータル200円でおさまるので、ランチをするよりお得です。

ささみ南蛮はお弁当のおかずに◎

ささみ南蛮は冷めても美味しいので、お弁当のごはんが進むメニューです。

ポイントはささみ肉を一口サイズよりも小さくカットすること!

お弁当への収まりも良くなりますし、お肉のかたさが気にならなくなります。

にんじんやパプリカなど野菜の彩りで見た目も良いお弁当に仕上がるので、ぜひ試してみてください。

スポンサーリンク
レンタングル(大)
レンタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタングル(大)