メンタリストDaiGo『科学的に正しい英語勉強法』感想―最短マスターの極意

どうも!あやひ.です。
メンタリストDaiGoさんの『科学的に正しい英語勉強法』を読了しました!

普段は話す機会がなくても、「英語ができたらいいな」と思ったことないでしょうか。
しかし、文法を理解するのも難しく、そもそもペラペラ会話できるようになるとは思えない…

あやひ.
私は教材とか買ってみるけど、三日坊主で挫折してしまう…の繰り返しでした

DaiGoさんが英語の学習本を出すというのは発売前から知っていたのですが、「どうせ、自分は勉強しないんだろうな…」と思って保留にしてたんです。

しかし、つい先日、彼氏の海外出張が決まり、なんだったら彼氏はずっと海外で仕事がしてみたいと言っており。
気づいたら、今回『科学的に正しい英語勉強法』を手に取っていました…(笑)

結論、英語をマスターするということは同時に、人としても大きく成長できるチャンスと気づいたのです。

そこで今回は『科学的に正しい英語勉強法』の感想と、どんな内容なのかを紹介します!


スポンサーリンク
レンタングル(大)

なぜ日本人は英語ができないのか?

そもそも客観的に見て、日本人って中学高校で英語を勉強する割にペラペラ話せる人っていないですよね。
世界の人たちから見ても「日本人は英語が話せない」が常識化しているそうです。

しかし、日本人って真面目なイメージもありますよね?
真面目で、学習できる環境もしっかり整っているはずなのに、なぜ会話ができないのか。

『科学的に正しい英語勉強法』での結論はこうです。

日本人は英語ができないから話せないのではなく、話さないから英語ができないのです(p5)

これは単に教育の方針が良くないというだけでなく、「英語をマスターしなければいけない切羽詰まった理由がない」「英語が話せないことの劣等感(コンプレックス)で余計に失敗を恐れて会話できない」といった理由があります。

本書の第1章では「日本人が英語が話せない理由」について詳しく解説しており、そもそも語学力以前の問題を指摘していました。

あやひ.
「あ、だから自分はこれまで英語ができなかったんだ」と納得できる内容だと思います!

英語を話すのに必要なスキルは○○

日本人は話さないから英語ができない、という言葉のとおり、英語をマスターしたいのであれば失敗を恐れず会話(経験)を積んでいく必要があります。

失敗するほど上達する、という根拠として、『科学的に正しい英語勉強法』では面白い心理実験が紹介されていました。

大学生をバーに集め「ナンパをして一番振られた人が飲み代タダ」というキャンペーンを実施したところ、結果的に一番多く振られた人がナンパの成功率も高かったという実験です。
たくさん失敗したことでナンパが誰よりも早く上達した、というわけですね。

失敗をする、というのは怖くて抵抗のあるものですが、「英語で話したい」なら実際に会話することが大事です。
「英語で話す」、つまり会話をする、ということはコミュニケーションスキルを強化しましょう、という内容でした。

英語で話せるようになるには

コミュニケーションスキルを強化する、という以外にも、もちろん科学的で効果的な語学勉強の方法が紹介されています。

ちなみに日本人が英語で問題なく話せるレベルになるためには「4160時間」のインプットが必要らしいです。
ハードな学習をすれば2400時間に短縮できますが、無理のない範囲で学習したいならば「4160時間」が目安ということに。

あやひ.
4160時間って毎日欠かさず5時間勉強したとしても、2年以上かかる計算です…

しかし、『科学的に正しい英語勉強法』のモットーは話すから英語ができるようになる、ということ。
コツコツ勉強して2年後突然英語が話せるようになるわけではなく、今すぐにでも海外の人やネイティブな人との会話(コミュニケーション)をとっていくことが「科学的に正しい英語勉強法」なんです。

また、教材はスマホの無料アプリで十分、いやむしろ最強ということも紹介されていました。
むやみに高い教材を買って学習のハードルを上げてしまわない大切さや、学習を習慣化する方法も解説されていたので、詳しくは『科学的に正しい英語勉強法』を手に取ってみてください。

『科学的に正しい英語勉強法』感想まとめ

今回はメンタリストDaiGoさんの『科学的に正しい英語勉強法』を紹介しました。

本書は英会話のハードルをぐっと下げ、科学的に効果の高い語学勉強について丁寧に解説してくれる1冊です。
実際にオススメのアプリや語学書をいくつも紹介してくれているので、早速英語学習に取り掛かりやすいのではないかと思います。


あやひ.
奇跡的にDaiGoさんが紹介していた本がうちにありました…!(笑)

人付き合いが苦手…という人にとっては「コミュニケーションスキルを強化しないと英語できないのか…」とガッカリくる内容…というわけでは決してなく!性格分析を使った最適な勉強法も提案しています。
英語もコミュニケーションスキルもUPできたら一石二鳥じゃないですか…!

メンタリストDaiGoさんは前向きになる方法や集中力についてなど、多岐にわたるジャンルで執筆されているので、気になるものを合わせて読んでみるのがオススメです♪

わたしは早速都内の英会話カフェを探します…!

メンタリストDaiGoさんに関する記事はこちらもどうぞ♪

メンタリストDaiGoの3月新刊「運は操れる」読了しました。 発売日前から「面白そうなテーマだな」と思って、書店に並ぶの待ってたん...
メンタリストDaiGoの週40時間の自由をつくる超時間術を読みました! コピーの「あなたの時間は『汚染』されている!」がなかなかのイン...



スポンサーリンク
レンタングル(大)
レンタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタングル(大)