【1/17までKindle99円】初心者にオススメの料理本8冊紹介します


自炊をはじめたい、という時は料理本が1冊あると便利です。
いまはネットやアプリで簡単にレシピを検索できる時代ですが、使う食材が偏ってしまったり、似たような料理ばかり作ってしまうことも。

そこで、今回は自炊初心者にオススメの料理本を8冊紹介します。
2018年1月17日までKindke価格が99円のセール中なので、ぜひチェックしてみてください。


スポンサーリンク
レンタングル(大)

どんな料理本を選べばよいの?


料理本は「どんな目的で自炊・料理をしたいのか?」でオススメが変わります。

  • 痩せたいから自炊したい
  • 節約したいから自炊したい
  • 恋人に食べさせたいから料理を覚えたい

ダイエットが目的の場合は、カロリー表記がされている本やヘルシーメニューが載っている本がオススメです。

痩せたいときに食事を制限する方がいますが、かえって太りやすい体質をまねいてします。
余分なカロリーをおさえつつ、ヘルシーな料理で健康的にダイエットしていきましょう。

また、節約が目的なら食材を少なくシンプルに料理できるものや、作り置きメインの本がオススメです。
恋人の胃袋をつかみたいときは、メインのほかにサイドメニュー(副菜)を合わせてチェックできる本がよいでしょう。

電子書籍の料理本が便利!

電子書籍の料理本は、外出先で簡単にレシピの材料をチェックできるので便利です。
スキマ時間に作りたいメニューを選んだり、ブックマークやスクショをしておけば、すぐに目当てのページをチェックできます。

また、キャンペーンやセール時をねらうと書籍を買うより大分お得に購入できるのが魅力です。

初心者にオススメの料理本8冊


それでは、じっさいにオススメの料理本を8冊紹介していきます!

かんたん!ラクチン!作りおきの便利おかず218

  • 冷蔵・冷凍保存期間が表記されている
  • 作り置きおかずのアレンジ方法が書かれている

作り置きのおかずを紹介している料理本です。
冷蔵だけではなく、冷凍したときの保存期間が書かれているのが◎

調理時間目安や保存方法のアドバイス・調理の早ワザを解説してくれているので、とても親切な料理本です。
同じ作り置きばかりで飽きてしまわないように、おかずのアレンジ方法や、調味料による使い回しメニューが載っているので、レシピのマンネリ化を防げます。

ササッと作れておいしい! 副菜のおかず300選

  • もう1品作りたいときに便利
  • カロリー表記あり

メイン料理と、あともう1品サイドメニューを作りたい時にオススメの1冊です。

メイン料理を作って満足してしまうひとは多いですが、サイドメニューを数品作ることで色々な味を楽しめるので、食事に対する満足感が増えます。
冒頭にある献立レッスンを参考に、健康的な自炊をしたいひとによい料理本です。

かんたん!ラクチン!らくやせ満足おかず204

  • たくさん食べられるけどヘルシー
  • 食材別のカロリー分量表が便利

ダイエッターにオススメの1冊です。
カロリー表記はもちろん、やせるための調理方法や献立のコツが書かれています。

食材別に100Kcalの分量が記載されているので、カロリー計算をしたいひとに便利です。
痩せるが目的の料理本とはいえ、「満足できる」「食材から選ぶ」「忙しいときのスピードメニュー」でカテゴリが分かれているので、その日のニーズに合わせて料理を探せます。

かんたん! ラクチン! ラクうま便利おかず224

  • 忙しい日もパパッと作れる
  • 1ヶ月分の献立が載っている

自炊をしようと決めても、継続できなければ意味がありません。
仕事終わりでも、無理なく作れる簡単なメニューが満載の1冊です。

1ヵ月分の献立が載っているので、そのまま作ってみてもよいでしょう。
この1冊で料理のコツを学びつつ、アレンジを加えたレシピを覚えられます。

かんたん! ラクチン! 作りおきのお弁当おかず315

  • 朝詰めるだけでお弁当ができる
  • カロリー表記あり

お弁当のおかずに特化した作り置きの料理本です。
冷蔵・冷凍保存期間が表記されているので、週末にまとめて調理しておくと楽ですね。

お弁当の詰め方ポイントや、イロドリ副菜のメニューが豊富なので、見た目がキレイなお弁当デビューできます。
カロリー表記されているので、ダイエットをしている方にも◎

少ない素材でおいしい!ひとりごはん

  • ひとり分の食材分量が記載
  • 定番メニューからスープまで幅広いレシピ記載

ひとり分の料理レシピが載った1冊です。

じつは、なかなかひとり分の料理を作るのって難しいんですよね…。
まとめて数人分を作ったにもかかわらず、つい食べ過ぎてしまったり。

ひとり分の分量を把握していると、食べ過ぎ防止にもなるのでオススメです。
一人暮らしを機に自炊をはじめたいという方に心強い1冊でしょう。

手早く作れておいしい! ふたりごはん

  • ふたり分の食材分量が記載
  • 料理の基本が丁寧に解説されたページがある

ふたり分の材料で料理ができる1冊です。
クイック2品といって、メインとサイドを同時に作れるページがあります。

ごちそう&おつまみというカテゴリのレシピは、お祝いで腕をふるいたい・宅飲みで女子力をみせたいという料理初心者の方にオススメです。
最後のページに食材の切り方や水加減など、料理の基本が写真付きでとてもていねいに解説されているのも◎

少ない素材でおいしい! 楽うまごはん

  • 食材がシンプル
  • 時短で作れるレシピ

少ない食材・短い時間で作れる料理がコンセプトの1冊です。
多くの食材を買う必要がないので、経済的にも◎

とくに、わたしがオススメしたいのが「汁物レシピが豊富」なところ。
お味噌やコンソメ・トマトなど、6種類のベースにそれぞれ3つのレシピが載っています。

汁物は胃を温めてくれるので、寒い冬場はもちろん、ダイエットのために代謝を上げたいひとにオススメです。

お気に入りの料理本を見つけてレシピを増やそう


初心者にオススメの料理本8冊を紹介しました。

レシピ本を10冊以上所持するわたしだから、言います。

正直、料理本8冊もいりません。(笑)

目新しいレシピ本を見かけると、つい買ってしまうのですが、1冊あれば十分料理のレパートリーが増えます。
お気に入りの1冊を見つけて、じぶんの目的に合った自炊をしつつ、料理の腕を上げてみてください。

スポンサーリンク
レンタングル(大)
レンタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタングル(大)