失敗知らずでアレンジ自在!トースターで作る簡単グラタンのレシピ


グラタンって、料理のなかでも少しレベル高い気がしませんか?
とくに自炊はじめたての頃は、フライパンや鍋を使った加熱調理がメインだと思います。

あやひ.
グラタンを作れる彼女…いい…(^q^)

グラタンはホワイトソースを作って、オーブンで焼くという2段工程。
「うちにオーブンがない!」という方、ご安心ください。

今回は、トースターで作る簡単グラタンの作り方を紹介します。
おうちにある材料で作れる簡単レシピなので、ぜひチェックしてください。


スポンサーリンク
レンタングル(大)

グラタンの材料(2人分)

まずは、グラタンの材料をチェックしましょう。
以下の材料リストは、2人分の分量です。

  • ベーコン2枚
  • ほうれん草 3株
  • 玉ねぎ 1/2個
  • まいたけ 1パック(80~100g)
  • 牛乳 1カップ(200ml)
  • バター 20g
  • 小麦粉 大さじ2
  • グラタン用チーズ 適量
  • 粉チーズ 適量
  • パン粉 適量
  • ブラックペッパー お好みで

ほうれん草とベーコン、まいたけのグラタンですね。(そのまんま)
1人分だけ作りたいというときは、単純に1/2の分量でOK

具材はお好みだったり、冷蔵庫に残っている野菜を加えてしまえばいいと思います!

グラタンの作り方

それでは、グラタンの作り方をみていきましょう。

1:ベーコンをカリカリに焼く

まずは、1cm幅に切ったベーコンをフライパンでカリカリに焼いていきます(油は引かなくてOK)。
カリカリになったら、一度皿にうつしておいてください。

2:バターと玉ねぎを炒める

ベーコンを除いたら、フライパンにバターと、薄くスライスした玉ねぎを入れて炒めます。
玉ねぎが半透明色になって、くたくたになってきたらOKです。

3:小麦粉を入れて馴染ませる

適量の小麦粉を加えて、玉ねぎ全体に馴染ませるように混ぜてください。

4:牛乳と他の具材を投入(ホワイトソース完成)


小麦粉が玉ねぎと馴染んだら、牛乳を投入してください。
このレシピでは、ソースがだまになったりはしないので、一気に入れてしまって大丈夫です。

牛乳を入れたら、すぐに他の食材(ほうれん草・まいたけ)を入れます。
全体に火が通ったら、ホワイトソースの完成です!

5:グラタン皿にホワイトソースを入れる


出来上がったホワイトソースを、グラタン皿に入れます。
このときお好みでブラックペッパーをかけましょう。

6:チーズ・パン粉を適量のせる


とろけるチーズや、粉チーズ・パン粉をお好みでのせてください。

7:トースターで5分程度焼いて完成!


トースターで5分程度焼いたら完成です!
焼き加減は各家庭のトースターによって変わるので、4~6分前後で調節してください。

このレシピで失敗するポイントといったら「焼き加減」なので、焦げないよう注意してチェックしておきましょう。

グラタンを作るコツ・アレンジ方法

このグラタンレシピは、焼き加減さえ間違えなければ失敗するポイントはないです!(断言)
トースターによっては奥のほうが加熱しやすいので、途中で皿を回してあげるとバランスよく焼けます。

しっかりとグラタンに味が欲しい場合は、ホワイトソースにコンソメを入れたり、塩コショウで味を調えてください。

あやひ.
キムチを入れるのも良かったですよー!

冷蔵庫に残っている食材をグラタンに

グラタンは中途半端に残っている野菜や、食材を消費するのにめっちゃオススメです。
にんじんやジャガイモを蒸して入れたり、もちろんマカロニがあっても絶対美味しいですよね!

あやひ.
意外と薄切りにした根菜系もアリかも…(構想中)

そのほかにもツナ缶や、納豆などもグラタンの具材としてバッチリです。
チーズって、どんな食材とも相性がいいので、いろいろチャレンジしてみてください♪

【追記】

水煮のサバ缶×粒マスタードとマヨネーズで作ってみるのも美味しかったです!

グラタンで美味しく野菜を摂ろう♪

今回は、トースターで簡単に作れるグラタンのレシピを紹介しました。

グラタンにすると、いろいろな野菜を多く摂れるので、健康面でもよさそうですよね。

冷蔵庫にある具材で作れる・失敗しづらいレシピなので、

「あたたかい料理が食べたい」
「チーズが食べたい」
「野菜を摂りたい」
「冷蔵庫の中身を消費したい」

という方は、ぜひチャレンジしてください!

スポンサーリンク
レンタングル(大)
レンタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタングル(大)