メンタリストDaiGo「運は操れる」感想―ツイてる人生は誰でも送れる

メンタリストDaiGoの3月新刊「運は操れる」読了しました。
発売日前から「面白そうなテーマだな」と思って、書店に並ぶの待ってたんですよね。

あやひ.
たぶん、実用書の発売日待ってたの人生ではじめてだったかもしれない

運は操れる」っていうタイトルもそうですが、

仕事、お金、対人、恋愛が思いのまま!

帯のコピーがめちちゃくちゃ…うさんくさい…(笑)

とはいえ、あいかわらずDaiGoさんの本は読みやすくて、わかりやすかったです。

今回は、メンタリストDaiGo著「運は操れる」を読んで学んだポイントを紹介します。
運が悪い・運をよくしたい、と感じているひとは、ぜひ「だまされた」と思って一度読んでみてください!(本を…笑)


スポンサーリンク
レンタングル(大)

「運は操れる」あらすじ

断言しましょう。運は、操ることができます。

もし、あなたがスピリチュアル的な開運方法を知りたいと
願っているのなら、
この本には正反対のことばかりが書かれているので、
刺激が強すぎるかもしれません。

運は操ることができ、その力はトレーニングによって
誰もが伸ばしていくことができます。

本書では、私の実体験も踏まえつつ、
運を科学的に操る力を紹介していきます。

引用:マキノ出版「運は操れる」詳細より

「運は操れる」はスピリチュアル的な話ではなく、科学的に「運を操る」メソッドを紹介しています。

読み手にとって問題というか、重要なポイントは、「」をどう定義するかなんですよね。

運の解釈は難しいのですが、「宝くじで億万長者になるのが運」と考えているひとにとっては、なんだか「はぐらかされた!」と感じる内容かもしれません。

本書を読み進める視点としては、「運がいい=幸福度が高い」と考えてみるのがおすすめです。

これはあくまで私自身の解釈ですが、「毎日運が悪いなあ…自分…」って考えて生きるよりも、「今日もツイてる~!」ってテンション高く生活できたら幸せじゃないですか?

「運は操れる」では、毎日を自己肯定感高く過ごせて、多くのチャンスに気づけるようになる方法が書かれています。

最終的に、

あやひ.
宝くじ一発当てるよりも、運操ったほうが幸せじゃん!

と思えるようになる1冊です!

「運は操れる」感想ポイント3つ

それでは、「運は操れる」を読んで「なるほど!」と納得したポイントを3つ紹介します。
核心部分にも触れているので、ネタバレしたくないひとは注意してください

そもそも「運」に個人差はない

そもそも、人が手にする「幸運の総量」に個人差はないらしいです。

これまで「運」に関する研究をおこなってきた心理学者リチャード・ワイズマンの実験例を挙げて解説しているのですが、「目の前にある幸せやチャンスに気づけるかどうか」が「運を操る」に関係しています。

運は不平等なものと思われがちですが、大きな果実を手にした人、落とし穴に落ちた人の間に訪れていたチャンスの数は同じで、気づいて行動に移せたか、移せなかったかの違いだけが結果を左右しているのです。(p170)

つまり、スピリチュアル的に運を舞い込ませる・開運するといった発想はナンセンスで、運はもともと平等というわけです。

運がいい人と宝くじの当選確率は関係ない

また、興味深かったのが「宝くじに当たるの運ではなく、確率に過ぎない」という話。

リチャード・ワイズマンの実験で、「運がいい」「運が悪い」と思っている人たちそれぞれに宝くじを購入してもらった結果、特に差は出なかったみたいなんです。

あやひ.
参加者が数百人で結構しっかりとした実験っぽい

もちろん、「運がいい」「運が悪い」というのは主観なので、「宝くじに当たったから運がいいになるんじゃ?」という考えもありますが、宝くじの当選は確率論であって、その人の運に関わらないって話なんです。

むしろ、宝くじ高額当選者が数年後に借金を背負っているケースは結構あって、じつは確率に当たる=運がいい・幸せになるとは限らない、ということ。

つまり、宝くじに当たるのは運・幸せのはじまりではない、というわけです。

運が悪い人=不安が強い人

じゃあ、

あやひ.
「運がいい」「運が悪い」の違いって何やねん?

って話じゃないですか。

運の総量は変わらないのに、人によって感じ方が変わるのはへんなはなしですよね?

これもしっかり、心理学の研究であきらかになっているんですよ。

心理学の研究では、運が悪いことが起こる人たちの共通点として、人よりも不安を感じやすい点が挙げられています。
不安だから、注意力が散漫になって失敗が多くなり、ネガティブな出来事をより強く記憶する傾向が生まれ、そうした経験が積み重なって「自分は運が悪い」と認識するようになるのです。(p87)

つまり、不安を感じやすい人は「運が悪くなりやすい」わけです。

気持ちの問題じゃん! ってなりますが、逆に運がよい人は「チャンスに気づける人」
不安が強いひとは、どうしても周囲に意識を向ける余裕がなくなってしまうので、なかなか運が好転しづらい…わけです。

不安は無視しても、意識しすぎても不運を呼び寄せます。
運を操る力を身につけたいのなら、まずは不安と向き合い、対処する方歩を学ぶ必要があるのです。(p68)

あやひ.
持ってる運はみんな一緒、あとは気づけるかどうか!

運を操る=セルフコントロール

さあ、運について理解を深めたところで、「運を操る」実践編です。

「もし、○○なら幸せなのに」「○○みたいになれたら幸せだろう」というような、環境が変わりさえすればうまくという発想は、現実逃避でしかありません。
「災い転じて福となす」ということわざがあるように、大事なのは自分で自分自身の人生をコントロールできているかどうかです。(p46)

すでに、なんとなく「運を操るということはつまり、不安に強くなることなんだな」って感じるひとが多いと思います。
ここで、「運は操れる」の目次をみてみましょう。

第1章 運にまつわる5つの知られざる真実
第2章 運を操る3つの科学的な方法
第3章 不安に強くなる5つのテクニック
第4章 試行回数を増やす7つのテクニック
第5章 気づく力を鍛える5つのテクニック
第6章 運の操り方 実践編

もう、おわかりいただけたでしょうか?

科学的に運を操るために「不安に強くなる」「試行回数(チャレンジ回数)を増やす」「気づく力を鍛える」心理・科学的テクニックが17つ紹介されているんです。

あやひ.
もう胡散臭い本とは言えないですね…(笑)

テクニックとはいえ、難しいものではなく、「1日20分程度運動をする」とか「気持ちを書きだしてみる」とか「瞑想・呼吸法」とか

想像してみてください。

毎日「ちっ…ツイてねーな」って過ごすよりも、「運がいい」と感じながら自信満々に過ごせるほうが、絶対よくないですか?

私自身、どちらかといえばネガティブなので、少しでも前向きに過ごせるように「運を操るテクニック」をこれから実践していこうと思います!

「運は操れる」感想まとめ

今回は、メンタリストDaiGoさんの「運は操れる」を紹介しました。

ざっくり「運は操れる」をまとめると、宝くじを当てられるようにはならないけど、毎日ポジティブに生活することで、これまで見逃してきたチャンスに気づけるようになるし、結果幸せになれるよ、という内容です。

ここまで説明してみて、やっぱり「タイトル」によって意見が分かれる内容だと思います。

「運は操れる」ってタイトルつけて、自己啓発本じゃねーか!

って人がいれば、

なるほど! 運=幸福度の高さと考えて過ごせばいいのね

って納得できる人もいると思います。

もしも、これまでにDaiGoさんの本を読んだことがないって人であれば、先に「ポジティブ・チェンジ」や「超集中力」を読んでみてください。

あやひ.
1冊目の印象で他を読もうかどうか決まると思うので

それくらい「運は操れる」は意見がわかれそうな内容だったのですが、個人的には「さすがDaiGo!」という期待を裏切らない1冊でした。

メンタリストDaiGoさんの他書籍について書いた記事はこちら↓

メンタリストDaiGoの週40時間の自由をつくる超時間術を読みました! コピーの「あなたの時間は『汚染』されている!」がなかなかのイン...
メンタリストとして有名なDaiGoさんが書いた「ポジティブ・チェンジ」を読了しました。 ポジティブ・チェン...
先日に引き続き、メンタリストDaiGoさんの本2冊目読了です。 人を操る禁断の文章術 poste...
スポンサーリンク
レンタングル(大)
レンタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタングル(大)