グルメ

JALボジョレー・ヌーヴォー飲み比べ3本セットで2022年も新酒ワインを楽しむ【感想】

jal ボジョレー 2022

2022年11月17日。ボジョレー・ヌーヴォーが解禁されました!

ボジョレー・ヌーヴォーは、毎年11月第三木曜日に解禁されるフランス・ボジョレー地区で醸造された新酒ワインのこと。わが家では去年に引き続き、今年もJALオリジナルラベルのボジョレー・ヌーヴォーを飲み比べ3本セットで予約購入しました( ´∀`)

【JAL】ピエール・フェロー社のボジョレー・ヌーヴォー飲み比べ3本セット

jal ボジョレー 2022

鶴と飛行機をあしらったJALオリジナルラベルのボジョレー・ヌーヴォー2022年版。左から

・ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー2022
・ボジョレー・ヌーヴォー キュヴェ・ノスタルジーV.V.2022
・ボジョレー・ヌーヴォー2022

3本飲み比べセットで計15,000円也。

これらは、JALで20年以上国際線ファーストクラスやファーストクラスラウンジで愛されるピエール・フェロー社のワイン。

ピエール・フェロー社は、1882年に設立された歴史ある名門メゾン。フランスのブルゴーニュ地方、ボジョレー地区のなかでも1、2位を争い、世界的な評価も高いワイナリーです。

ピエール・フェロー社 ボジョレー・ヌーヴォー2022

jal ボジョレー ヌーヴォー 2022 jal ボジョレー ヌーヴォー 2022

そもそも、ボジョレー・ヌーヴォーは、ボジョレー地区でその年に収穫したぶどうを醸造した新酒ワインのこと。ボジョレー地区は「美しい高台」という意味の言葉が由来で、日当たりのいい温暖な場所で上質なワイン作りに適しています。

なぜ解禁日があるかというと、ボジョレー・ヌーヴォーが世界的に注目を集め始めたとき、売り手が競いあうことで質の悪いワインまで出回りはじめ、せっかくの評判を落としかねない事態になったため。そこでフランス政府が動き、解禁日を定めたそうです。

あや
あや
ちなみに日付変更線の関係上、日本では本国フランスよりも解禁が早い!
jal ボジョレー ヌーヴォー 2022

その年に収穫したブドウで作られる新酒ワインということで、味わいは渋味が少なくフレッシュでチャーミング。さっそく今年の2022年ものを味わってみると、すっきり爽やかでするっと飲める赤ワインでした( ´∀`)

水面の縁がピンク色に見えるくらい濃くキレイな色味なのに、味わいは軽やか。にわかなりの感想ですが、一昨年がものすごくおいしく、今年は去年よりもおいしいと感じました。

あや
あや
やっぱりその年によって味わいが違うんだな~

残りの2本も飲み次第、追記していきます!